シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

暴落買いスペシャル戦法 1の巻

理想の後出ジャンケン戦法

 暴落買い戦法は理想の後出ジャンケン戦法です。暴落買いスペシャル戦法は単純です。年に一度か2年に一度の大暴落をじっと「頭がオカシイ」と思われるくらいじっと待ち暴落が来たなら余裕資金で底値で株式を全力買いするやり方です。

 自分ははっきりいってこんなかったるい投資方法は出来ません。短期的に儲けたい欲が頭を99%支配しているからです。これだと損ばかりするはずです。

 暴落買いは理論的には高い確率で利益が出る優秀な戦法です。当たり前ですよね、「株式投資の基本は安値で買い高値で売る」短い方程式これだけです。基本中の基本です。

 

マスコミが騒いだら

 暴落はいつ来るのでしょうか?そんなこと自分の頭脳ではわかりません。(頭の良い人は分かるかも?)でも統計的には2年に1回は来る感じです。今は日銀が日経平均型ETFを買い支えていますので大きな暴落は少ない感じですのでこの戦法は効率が悪いです。昔だったら重宝した戦法でした。

ではいつが暴落でしょうか?誰も教えてくれなくても、これは簡単にテレビを見てればわかります。ニュース番組で今日も大幅に株価が下がったと大げさに連日報道している状態が暴落中です。連日というのがミソです。1日じゃ暴落ではなく、押し目買いのチャンスです。押し目買いのチャンスと大暴落の違いは何?はっきりいってわかりません。1~2日の大きな下げ(押し目買い)の時の資金は少なくするのが賢明です。3週間の下げ相場、暴落の始まりかもしれないからです。押し目で全力買いをすれば暴落の底値でパンクします。誰もその見分けが出来ないのですから、最悪(好機到来?)をさけ、好機に変えて暴落の底値で買いましょう。暴落の最初は押し目買いに見えるのですから、割り切らないと。


このブログは投資を勧誘するものではありません。投資には価格変動、損失のリスクがあります。投資は自分自身の判断でお願いします。この記事は筆者の個人的な見解を書いたもので、効果を保証するものではありません。


Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved