シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

流れに乗る

流れを予測できる力が本当の実力か?

 今回の日経平均はすごい短期的な棒上げでした。何が何でも上げすぎだろうと仕掛けた大量のカラ売りの買い戻しを巻き込んだ棒上げだろうと思います。

 こんな1ヶ月で3000円のすごい棒上げはなかなかお目にかかれません。美味しい相場だったはずですが、自分はカラ売りを仕掛けて玉砕しました。恥ずかしい勉強不足です。

 流れに乗る重要性をまた身に浸みて味わいました。流れに乗るのは相場では当たり前ですが、過去のチャートはありますが未来のチャートはありません。相場の流れに乗るにはこれからの未来のチャートを予測するしかありませんので、やはり予測の正確性は個人の技量です。(残念ながらあまのじゃくの自分は直ぐに相場の流れに逆らいたくなりしょっちゅう失敗してます。最大の欠点です)

大きな流れを考えながら、細かい最近の流れで対応する。そして絶対ある暴落に対応できる体制をキープする、それが自分の理想の投資スタンスです。

正確に予測できる事が出来る人は大きな流れを予測してそれを必死に守るのも大事です。しかし、自分の相場観にとらわれずに臨機応変に相場の流れに対応する思考の柔軟性も自分は養いたいと思っています。ゆく「相場は相場に聞け」と言います。そのとうりだと思います。

 過去の経験からこれからの相場の流れ予測しますが、現在の相場の流れを分析して現在の相場に常に合わせる技量はもっと重要だと思います。

 


このブログは投資を勧誘するものではありません。投資には価格変動、損失のリスクがあります。投資は自分自身の判断でお願いします。この記事は筆者の個人的な見解を書いたもので、効果を保証するものではありません。


Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved