シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

カラ売り

日経平均の棒上げ

2022.11.11 現在、「アメリカ大統領選挙の波乱回避」と「新型コロナのワクチン開発にめどがついた」との報道で相場は暴騰していて日経平均は25000円を突破しました。何回もチャレンジしても突破されなかった壁をとうとう25000円の壁を突破したと言う事で大相場に突入と言ってる評論家もいます。自分も長期的にはそうなる可能性も高いと思いますが、なにせ現在は急に発表された2つの大きな良い材料が重なる事による棒上げですから自分は短期的には上がりすぎで調整が入ると予測しています。(調整とは株価が下がる事ですから、調整といっても良い意味ではありません。)アメリカ大統領選挙前の極端なポジション調整の下落から今の2大良材料によってすごい買い圧力による棒上げだから、近いうちに短期的には巨大な買い圧力が止まると推測しています。実際超短期の騰落レシオは120%を越えています。

カラ売り

 自分は現在、近いうちに(短期的に)相場が下落すると予測して保有株をすべて売っていて保有株がゼロです。この状態だとただただボーッとしていて相場が下落しきるのを待つしかありません。でももう一つの儲ける方法があります。カラ売りです。

下落局面

 正直言うと、こんな棒上げしている状態でカラ売りするのは買い専門の自分は恐怖以外有りません。しかし将来的には絶対長期の下落相場が来ますのでその時に備えたカラ売りの勉強だと思って、現在損失覚悟で自分の相場観を信じて勇気をもってカラ売りをしました。

相場が下落する局面では業績が悪いのに上がった企業のほうが実力を持った企業よりも下落する傾向にあると感じています。今でいえば新型ころなの負の影響を受けた企業が新型コロナのワクチン開発の可能性で棒上げしていますが、まだ実力的にクエッションですので、それにふれる銘柄をカラ売りしました。

長期的な下落局面ではカラ売りをするのが必須だと個人的には思っていますので、今が勉強中です。


このブログは投資を勧誘するものではありません。投資には価格変動、損失のリスクがあります。投資は自分自身の判断でお願いします。この記事は筆者の個人的な見解を書いたもので、効果を保証するものではありません。


Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved