シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

コラム 飲食関係 観光業界は復活するか?

観光業界の需要

 新型コロナの影響で飲み屋さん、レストラン、観光業界が壊滅的打撃を受けました。アフターコロナの今後、これらの業界は果たしてこのまま沈没してしまうのでしょうか?

 自分の場合は飲み屋さんに行き常連さんやマスターとの会話をするのが大好きです。食いしん坊でレストランや食堂にいくのが楽しみです。ハイエース車中泊で2回日本一周をしました。現地の人たちとのふれあいを楽しみに3回目も実行したいと思っています。

 これらの業界は江戸時代以前から存在していて不滅の需要があります。この需要は日本人に限った需要ではありません。世界各国の人たちにも同じ需要、行動があります。これらの業種は人間の本能や快楽に基づいて成り立っている仕事です。皆人間が楽しいと感じる事ばかりです。今は日本人らしい真面目な人々が自粛して需要が激減していますが、きっと自粛している人々も自粛疲れで気持ちが半分おかしくなっている人もいるはずです。自分もそのうちの一人で外出しないで半分うつになりかけています。コロナが終息すればすぐ需要が復活する可能性が高いと個人的には思っています。

経営改革

 今飲食業界、レストラン、観光業界はどこも潰れてもおかしくない状況です。コロナショックの前から採算ギリギリでやっと潰れない状態だった会社は、すでに潰れているはずです。今潰れずにいる会社も根本的な経営改革を現在行っているはずです。不採算部門を閉鎖して筋肉質にする、新しい新分野に進出するチャンスに違いありません。人間大ピンチにならないと動かないものです。今が大ピンチで改革をするチャンス到来です。これらの業界で体力があり改革を行った会社はコロナショック後の世界では去年の企業状態より格段に強い会社に変身しているはずです。おまけに本来潰れかけていた会社はとっくに潰れてしまってライバルが減り、今の需要でも持ちこたえる会社に変身したならばコロナが終息して需要が少し復活しただけで業績がV字回復するはずです。少なくても聖域をなくして改革をした結果今の極端に少ない需要でも黒字を確保できれば強力な会社だけが残っているはずです。

 今最悪のこの業界に属するこの会社は果たして現在将来コロナ過で潰れないか?経営改革をしているか?人々からの需要が今後もあるか?を検討して投資のチャンスをうかがう戦略も有望だと思っています。

底値買い

 今は事情があって業績が最悪で株価が暴落して放置されている企業でも、今後業績がじょじょに回復できる企業ならば自分の大好きな底値買いの長期投資をしてタンマリ儲ける方法が出来るはずだと思っています。潰れさえしなければ今の上記の業界企業は現在が底値の可能性が高いと思っていて自分は一部買っています。底値で買い高値で売るのが株式投資の黄金律だからです。すでにこれらの業界企業でも株かが復活している企業も現れています。


このブログは投資を勧誘するものではありません。投資には価格変動、損失のリスクがあります。投資は自分自身の判断でお願いします。この記事は筆者の個人的な見解を書いたもので、効果を保証するものではありません。


Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved