シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

株式投資で手数料無料を利用する方法

手数料無料を利用する方法

 SBI証券と松井証券の手数料無料プランを利用していて、「ピンときた発想」がありました。手数料が無料(信用を利用すると、金利その他がかかります)だと言うことは、当たり前の事ですが手数料がかからないという事は経費がかからないという事です。特定口座(源泉徴収あり)を利用していますので、いくら細かく売買しても証券会社のコンピューターが勝手に損益を計算してくれます。評価損の保有株を売って損失を出してもいつかは売った株数を買い戻して保有株数が同じに調整するのですから、実質的には保有株は変化しません。

f:id:bougin:20200924165509p:plain

理論上ですが、上の図みたいに保有株を上手く売買を繰り返せば、保有株数を保ったまま、現金を増やす事が可能です。これはあくまで上手くいった場合です。もちろん損失が増える可能性も大です。でも実験的に試してみます。いつも見ている銘柄ですのである程度株価の流れを把握出来ます。はっきり言ってデイトレードに近い取引だと流れが読めやすいので差益を出しやすいかも?と思っています。多分この取引の肝は「現在儲けている、評価損だ」という感覚を捨てる事だと思っています。どうせ特定口座で損益を計算してくれて、3年間損失繰越ができる特典を利用出来るのですから、トータルで儲ける作戦ですので目先の損失は無視出来るはずです。それよりも手数料無料が大きいメリットの出来る作戦です。細かく動けるのですから。たまに相場が暴落した時に大きく儲ければ3年間の損益もプラスに出来るという「取らぬ狸の皮算用」です。

キャッシュフロー投資

 この作戦は自分がよく言う「キャッシュフロー投資」です。損益を無視して「現金と株式の評価額」の総量を優先的に増やす事を考える投資方法です。この投資方法の一番大切な事は保有株が長期的に上昇する事が大前提です。逆に長期的に保有株が下降すれば大失敗です。長期保有前提だからです。下降する株式を保有する事はイコール損失です。危険がいっぱいどころか死んでしまいたくなります。いってみれば「長期投資とデイトレードを同時にやる」発想です。自分的には長期保有銘柄の目先の動きは把握しているつもりですので上手くやれる事を期待して売買してみます。

 やはり手数料無料のメリットを一番利用できる方法はデイトレード手法という事が遅まきながらわかりました。


このブログは投資を勧誘するものではありません。投資には価格変動、損失のリスクがあります。投資は自分自身の判断でお願いします。この記事は筆者の個人的な見解を書いたもので、効果を保証するものではありません。


Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved