シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

株式投資では資金が少ない時は集中投資

個人投資家の集中投資

 機関投資家などの凄い資金量でやる株式投資よりも多くの個人投資家レベルの少ない資金量でやる株式投資のほうがはっきり言って儲けやすいです。
 大量の資金で同じ銘柄を買うとその買いだけで株価がつり上がります。逆に売却をする時は自分の売りだけで株価が下がります。だから機関投資家は分散投資をせざるを得ないです。はっきりいって日経平均型ETFしか買えません。
 個人の場合は少ない資金量の場合はそう言うことが無いので自分が思った有望銘柄に集中投資が出来ます。自分の経験では有望銘柄への集中投資のほうが効率的です。そして間違いありません。

株式投資では割り切りも必要

 資金が少ない時はかえって、1銘柄勝負が出来ます。でもそれだから外れた時は全滅ですが資金がゼロになっても仕方がないと割り切る考え方が出来ます。元々資金が少ないのですから、それを全部すってもたいした問題もありません。全部すっては困る人は資産運用をやめて現金で保有する事を勧めます。懸命な生き方も優秀な資産運用の1つの方法です。
 自分の株式投資の考え方は資金を全部すっても良いと思って運用しています。


このブログは投資を勧誘するものではありません。投資には価格変動、損失のリスクがあります。投資は自分自身の判断でお願いします。この記事は筆者の個人的な見解を書いたもので、効果を保証するものではありません。


Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved