シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

将棋のAI、株式投資のAI

 将棋界では昔、勉強会といえば棋士が4人位で集まり研究していましたが、今は将棋AIを先生にして一人で研究するケースも増えています。

将棋界

  現在藤井聡太2冠王の大活躍で盛り上がっている、将棋ですが、プロの将棋棋士でも今はコンピューターAIには勝つのが大変という事実を知っていますか。

 将棋AIの進歩はここ10年間で将棋の天才の実力に完全に追いつきました。昔、テレビで見ましたが当時将棋AIを開発した技術者の人には将棋の弱い人もいたりしました。その時の番組では24時間パソコンとパソコンを対決させてAIの実力をアップさせていました。

 その時のテレビ番組で言っていましたが、開発者がパソコンを対決させていて分からないうちにソフトが勝手に強くなり、何故強いか分からないと開発者が言っていました。将棋AIソフトの中身は開発者も中身がわからない「ブラックボックス化」しているみたいです。(裏は取っていませんので真実でない可能性があります)

実力はどうか

 株式投資のAIソフトが開発されているはずですが現在、実用化できる性能かどうかは、恥ずかしながら自分にはわかりません。もしかしたら、実用化できる実力のAIソフトが開発されたとしても、多分一般公開されずに開発者が黙って運用して利益を独占しようと思うはずです。一般の投資家が知らないうちにAI同士が株式市場で対決している時代が来るかもしれません。

末恐ろしい時代の到来か

 今では、プロの将棋界ではAI対プロ棋士という状態から、逆にAIを使いプロ棋士が勉強に使い人間同士の対局に応用する段階に入っています。将棋のAIソフトの進化ぶりを見てきた筆者から言わせると、株式投資のAIソフトが人間よりも優秀な技術運用成績を上げる時代もそう遠くないと本心では思っています。

 株式AIソフトに投資家が乗っかって資金をその運用フアンドに任せて、株式AIソフト同士が実際の株式市場で対決する時代を想像するだけで、末恐ろしい時代です。出来るだけそんな時代が来るのが遅れてしまうのを願うだけです。

 筆者はその時代が来るまえに早く株式投資で老後資金を貯めたいです。自分は将棋AIソフトの現状を見ると、末は同じ事が株式市場の起こったとしたら、株式AIソフトに勝てる自信が全くありません。その時は即引退です。


このブログは投資を勧誘するものではありません。このブログの内容は投資の有効な効果を保証しません。このブログの執筆した方法で取引をしても、投資は損失を被る可能性が充分あります。投資の判断には慎重に自己責任でお願いします。

Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved