シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

株式投資におけるリスクヘッジの方法

シニアの株式投資ではやり直しが効きにくいのでリスクヘッジを徹底しないと「株式投資をしなければ良かった」と後悔します。その時は他の投資家のカモになった後です。

見切り千両がリスクヘッジの基本

 「見切り千両」の考え方がリスクヘッジの基本的な考え方です。自分はとにかく株式投資では「見切り千両」をちゅうちょ無く実行しています。何故か?それは「自分の売買予測を信頼はしていますが、信用はしていません。」からです。自分の予測判断はたかが知れていると思っています。予測が外れても当たり前なのです。というか当たる確率が低いと思っています。でも勝つ確率が高い時に、売買しないと、儲ける事が出来ません。

 「損切りすれば損失が確定してしまう」と欲の塊になればそのまま損失が拡大する可能性が高くなるかもしれません。シニアの株式投資では投資資産を半分にすればショック死です。このままうまく株価が戻って損を取り戻すという甘い考え方は自分は甘いと思います。

リスクヘッジの方法

 自分が実践しているリスクヘッジのやり方とは。スイングトレード手法の場合ですが

  •  信用取引の買い建てなどの借金をした資金で売買しない
  • 10%損失が出たら機械的に反対売買をして、じぶんが間違っていたと割り切り後悔しない
  • 売った株式を買い戻さないで、損してカーッと頭にきたあたまを冷静いに冷やす
  • 何故ジャストなタイミングで買えなかったか後で検討する
 これを守っています。売った後で、株価が暴騰してもタイミングが悪いとタイミングを研究する事です。でも大抵は「見切り千両」は効果が出やすいです。
 何よりも「儲ける事よりも損失を大きくしない事」が、投資の王道です。シニアの株式投資には丁半博打はいりません。

このブログは投資を勧誘するものではありません。このブログの内容は投資の有効な効果を保証しません。このブログの執筆した方法で取引をしても、投資は損失を被る可能性が充分あります。投資の判断には慎重に自己責任でお願いします。

Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved