シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

若い人たちの感覚に近づける努力

筆者は若い人たちと知り合う努力をしています。それは自分がすでに若い感覚からズレている年齢だからです。友達にならなくても知り合いになり、若い人たちの最新の生活スタイル

若者が流行を発信する

いつの時代にも最先端の流行や文化は若者から発信されます。年配者の文化はトラッド化されていて誰も知っていますが、若者の文化には常に気を付けなければ、年配になると気付かず株式市場の流行にいち早く気づけず儲けるチャンスを失います。

 最近の良い例はスマホの普及です。筆者はスマホがこんなに普及しないとたかをくくってスマホ銘柄を儲け損ねました。パソコンの方が使い勝ってがよくパソコンの2番煎じですぐブームが終わると思っていました。でもまさか若者はパソコンを保有せずにスマホがパソコンの需要を奪うとは夢にも思いませんでした。筆者の頭脳はすでに過去の遺産でポンコツです。

過去の遺産の頭脳を自覚する

でもこれだけで株式投資を引退するわけにはいきません。人生経験には自信があります。全くないのは「若者のこれはクール、便利格好いいという感覚です」無いのなら若い人たちと知り合いになり現在のライフスタイルを聞いたり観察するしかありません。 

 自分の欠点を自覚して欠点を補えば良いのです。他からいち早く時代の流行を教えてもらう、若者向けの雑誌を読むのも良いと思っています。それは若者向けですのでもちろん若者の流行を扱うからです。

新しい便利な文化

人の欲望は変わりません。それを使う道具や仕組みが変わるのです。「映画からテレビへそしてユウチューブへ」「ビデオレンタルからネットフリックスへ」見ているコンテンツは同じでも、道具や仕組みが時代と共に変わります。若者は時代の変化に真っ先に飛びつき使い熟します。年配は慣れ親しんだ道具を使います。若者は楽曲を定額聞き放題でダウンロードして聴きます。でも年配者は未だにカセットテープを使っています。と言うことは若者が今使っている道具や仕組みは今の若者が年配になるまでずーと使う可能性が高いです。今の若者もいつかは年配になりますから。


このブログは投資を勧誘するものではありません。このブログの内容は投資の有効な効果を保証しません。このブログの執筆した方法で取引をしても、投資は損失を被る可能性が充分あります。投資の判断には慎重に自己責任でお願いします。

Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved