シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

株式投資での踏み上げ相場ってなに?

カラ売りが貯まると踏み上げ相場になり易いです

株式投資では踏み上げ相場が良くあります。

  • 株式投資では市場参加者の多くが、今時点が株価や相場が最高値だと判断する場面が良く出現します。こんなに高い株価はおかしいという銘柄や相場がしょっちゅう出現します。打ち上げ花火のように、市場では凄く目立った銘柄や相場です。
  • 株式投資ではそんな時、大量の空売りが出ます。株式を借りてきて売りから入り、株価が下がったら買い戻して利益を狙う人が多くなるからです。空売りが出るのも当たり前の位、普段より高い株価の時は空売りを出したい気持ちも充実理解出来ます。
  • でも空売りをしている人たちの目論見がハズレて投資家の買いがもっと入り株価や相場が毎日のように上昇すると今度慌てた大量の空売りをしている人たちがこれ以上の損失に耐えられずに大量に買い戻しが出ます。その時は皆が呆れる異常な高値をつけます。この空売り筋の損失回避の買いを巻き込んだ上げを踏み上げと言います。
  • 空売りをする場合はこの踏み上げに気をつけて売買しなければいけません。踏み上げも結果論という面もありますので何%ロスカットルールを守るのがやはり重要です。大量の空売りが積み上がっている状態では、わざと買いで向かう筋もあるはずですので。

 カラ売りが貯まると暴騰する可能性もあります

 このように、カラ売りが多い銘柄や相場は思った以上に暴騰するケースがあります。 カラ売りが多いか少ないかは証券会社での取引サイトで信用取引の売り方買い方の数が掲載されている証券会社もあります。日証金が取り組みを発表するくらい信用取引での売り方買い方の数は将来の株価を左右します。

 信用取引の買い方が貯まっていると6ヶ月後(信用取引の期日)の売りに変わります。売り方が貯まると、逆に買い圧力に変わります。このように信用取引の取り組みはバカに出来ないくらい重要な需給関係を生みます。

踏み上げ相場

踏み上げにあった銘柄はまるで、株式市場の打ち上げ花火のようで目立った存在です。それを利用して値幅を期待して一儲けする投資家も後からドンドン参戦しますが、腕自慢の投資家なら良いでしょうが、筆者は絶対そういう状態では参戦しません。


このブログは投資を勧誘するものではありません。このブログの内容は投資の有効な効果を保証しません。このブログの執筆した方法で取引をしても、投資は損失を被る可能性が充分あります。投資の判断には慎重に自己責任でお願いします。

Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved