シニアから始める株式投資

優雅な人生を送るために

重要な格言 休むも相場

株式投資では休むも相場という格言があります。筆者の解釈は、相場がこれから上がるか下がるかわからない状態の場合、安全策を採用して一旦相場から撤退して当分様子を見るとの解釈です。実力のない筆者は相場がこれからどうなるか分からない事が普通です。

株式投資に様子をみる事も有効

  • 筆者の株式投資のコツは「明らかに儲けられる確率が高い局面でしか出動しない」です

筆者の株式投資では休むも相場は重要な方策です。

株式投資では、長年の経験や自分自身の研究をいまの相場と照らし合わせて、次の一手を指します。

でも筆者の現在の実力が少なくて、自分自身の判断では、上がるか下がるか解らない状態もしょっちゅうあります。実力がある投資家はいつも売買すれば良いのですが、自分の実力を知ることも弱者の勝ち方です。自分で分からないときは強制的に相場を休みにします。重要です。休む事です。単純ですが、重要な事です。そして相場の先行きを判断できる状態まで待つのです。

休むとは寝る事では無く、株式を全部売って現金に換えて次ぎの儲かる確率が高い局面まで黙って待つことです。

株式投資では、儲ける事が出来る高い確率の局面でしか売買してはいけません。ただ儲けたい一心で根拠が無く出動するなどもってのほかです。他の投資家のカモになります。

自分自身の判断では解らない状態では、そうです。休む事です。休むも相場を実行すると株式投資の収支が改善するはずです。株式投資は戦場です。世界中の投資家が自分自身の利益しか追求していません。そんな戦場では絶対に儲かる確率の高い局面でしか戦をしかけないと、簡単に損失を出します。

休むも相場は筆者もオススメです

筆者の場合、相場の判断の引き出しが少ないです。限定された資金の売買以外のまとまった資金の株式投資では、判断が解らない状態では、常に休んでいます。あえて取引を規制しています。もちろん株式投資の方策引き出しを広げる勉強や今の相場の流れの分析は1日中24時間考えています。でもほとんど、考えているだけで、根拠無しに売買しません。

筆者は「儲けは大きく損失は小さく理論」を常に考えています。筆者の株式投資の実力では全投資資金をつぎ込む大勝負は年間2回位しかしないと決めています。(スイングトレード戦法の場合です)後は長年の経験による高い確率だ!と判断したときに限された資金で株式投資の売買をします。もちろん10%ロスカットルールです。


このブログは投資を勧誘するものではありません。このブログの内容は投資の有効な効果を保証しません。このブログの執筆した方法で取引をしても、投資は損失を被る可能性が充分あります。投資の判断には慎重に自己責任でお願いします。

Copyright ©株式投資 勝利の教科書,all rights reserved